• 本

近代「国文学」の肖像 第5巻

高木市之助 文藝論の探求

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-00-026980-3
4-00-026980-1
税込価格 3,630円
頁数・縦 151P 22cm
シリーズ名 近代「国文学」の肖像

商品内容

要旨

文学の本質を問い続けた「文学の鬼」。独自の構想から古代の文学像を捉え、文藝論的研究の広がりのなかで、文学の本質を問い続けた高木市之助。その生涯と学問的業績を時代のなかに描き出す。

目次

略伝
第1章 文藝の本質と研究(文藝の基本的性格
文藝の形とジャンル
研究とは何か)
第2章 叙事と抒情をめぐって(英雄時代と叙事詩
抒情詩とその問題
短歌を支える力 ほか)
第3章 自然・環境・風土(自然と環境
万葉の環境―清なるもの
「みやこ」の成立 ほか)

出版社・メーカーコメント

文学を文学たらしめているものとは何か。自らの主たるフィールドを古代に置きつつも、文芸論的研究の広がりのなかで、文学の本質を問い続けた高木市之助。叙情と叙事の探究、自然・環境・風土をめぐる考察など、独自の構想から古代の文学像を捉えた。「文学の鬼」とまで称された、その生涯と学問的業績を時代のなかに描き出す。

著者紹介

高田 祐彦 (タカダ ヒロヒコ)  
1959年生まれ。1988年東京大学大学院博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、青山学院大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)