• 本

下河辺淳小伝21世紀の人と国土

出版社名 商事法務
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7857-2851-9
4-7857-2851-5
税込価格 3,960円
頁数・縦 413P 20cm

商品内容

要旨

100年先を見据えて、この国を設計し続けた男。今こそ「知の巨人」下河辺淳の哲学を活かす時だ。

目次

今、なぜ下河辺淳か
生い立ち―江戸っ子と関西人とのハイブリッド
国土計画官僚の誕生―戦災復興院から経済企画庁へ
国家百年の大計としての新全総
地下の暴騰を抑える―国総法の全面改正案から国土利用計画法へ
流域圏居住の試み―「定住圏」の構想
国土計画の集大成―四全総、首都機能移転、二一世紀の国土のグランドデザイン
「まず住宅復興とがれき処理だ」―阪神・淡路復興委員長の果断な采配
沖縄を平和の島に―総理と県知事の仲介役
世界のシンクタンクとのネットワークづくり―総合研究開発機構(NIRA)理事長
中国の国土開発政策への貢献
民間でも「公」を追求―東京海上研究所会長・理事長
二一世紀の「人と国土」への提言
人間 河辺淳