• 本

テクストと戯れる アメリカ文学をどう読むか

出版社名 松籟社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-87984-401-9
4-87984-401-2
税込価格 2,750円
頁数・縦 343P 20cm

商品内容

要旨

テクストの内外を往還しながらなされる、多彩なテクストとの絡み合い、戯れ合いのなかから、浮かび上がってくるものとは。自由で真剣なテクストとの格闘。様々な時代の、様々な作家によるアメリカ文学作品を対象として、各筆者がそれぞれの方法でテキストに対峙する。

目次

第1部 テクストの中へ(ホーソーンの「幽霊」目撃体験と創作―「ハリス博士の幽霊」
告白の食卓―ジェームズ・ボールドウィンの『ウェルカム・テーブル』について)
第2部 テクストの中で(死者と横たわること―ポーの「大鴉」をめぐって
名探偵の卵―トマス・ピンチョン『LAヴァイス』について
野球ゲームに詩はあるか?―ロバート・クーヴァー『ユニヴァーサル野球協会』の統計と詩学)
第3部 テクストの外へ(ヘンリー・ジェイムズの「ビロードの手袋」と孤独な共存
多様な人々、一様なふるまい―『野性の棕櫚』におけるジム・クロウの影響
ジェシー・レドモン・フォーセットの『プラム・バン』―人種なりすましとモダニズム)
第4部 テクストの外で(「山」はいずこに―イーディス・ウォートンの『夏』再読
不眠症と神への祈り―ヘミングウェイの戦争後遺症再考)
第5部 テクストの間で(語り得ぬ亡霊―『こころ』と「ねじのひねり」
『フィラデルフィア・ファイア』における米国黒人男性版『あらし』と父子の沈黙)

著者紹介

高野 泰志 (タカノ ヤスシ)  
九州大学大学院人文科学研究院准教授
竹井 智子 (タケイ トモコ)  
京都工芸繊維大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)