• 本

あいぬ物語

新版

出版社名 青土社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-7917-7344-2
4-7917-7344-6
税込価格 2,860円
頁数・縦 221,91P 19cm

商品内容

要旨

樺太アイヌ山辺安之助が樺太アイヌ語で口述した自伝を、若き日の金田一京助が筆録、訳出対照。その生い立ちから、対雁への強制移住、疫病の蔓延、日露戦争、南極探検までが、日本語にアイヌ語のルビがついた独特のスタイルで語られる。付録:樺太アイヌ語大要・樺太アイヌ語彙。

目次

故郷
流転
石狩に於ける青年時代
帰郷
湖畔の漁民
日露戦争
四箇村の総代
南極探検

著者紹介

山辺 安之助 (ヤマベ ヤスノスケ)  
1867年、樺太生まれ。樺太千島交換条約の締結で対雁へ強制移住させられるが、後に自力で帰還。日露戦争では日本軍に協力し、「勲八等瑞宝章」を受勲。白瀬〓の南極探検隊に参加。学校の建設など、樺太アイヌ集落の発展に尽力した
金田一 京助 (キンダイチ キョウスケ)  
1882年、岩手県生まれ。言語学者、国語学者。アイヌ語学、アイヌ文学研究の創始者。国語辞典の編・監修者としても知られる。文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)