• 本

オペラ/音楽劇研究の現在 創造と伝播のダイナミズム

出版社名 水声社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-8010-0555-6
4-8010-0555-1
税込価格 4,950円
頁数・縦 379P 22cm

商品内容

要旨

新たな研究領野を切り拓く14のアプローチ!音楽・テキスト・舞台が一体となったオペラや、バレエ・人形劇をはじめとする音楽劇に、どのようにアプローチすればよいか。作品解釈や演出手法のみならず、劇場の運営から上演作品の選定、政治・経済との関わりやマスメディアによる流通、地域ごとの特色から教育事業まで、地理的・歴史的要因を掛けあわせ総合的に考査する、オペラ/音楽劇研究の幕開け!

目次

第1部 オペラ/音楽劇の人的交流とレパートリー形成(「アカデミー」による舞台芸術への取り組み―オペラ誕生のもうひとつの側面
七年戦争後のベルリンで上演されたオペラ―ドレスデンとの比較から
“ホヴァーンシチナ”が日の目を見るまで―1892年のキエフにおける舞台初演
白系ロシア人によるオペラ文化の伝播―1919、21年来日の「ロシア大歌劇団」の足跡をたどって)
第2部 オペラ/音楽劇と時代思潮(フランスの王位音楽アカデミー創立期におけるミュゼットの使用をめぐって
イザドラ・ダンカンとリヒャルト・ヴァーグナー―ドイツにおけるイザドラとヴァーグナー作品の公演活動を中心に
日本におけるオペラ黎明期の“プリマ・ドンナ”表象―帝国劇場の柴田環と,文藝協会『故郷』(明治四五年)のマグダを中心に
バイロイト音楽祭とナチス・ドイツ興亡―ラジオ放送をめぐる実証的検証)
第3部 オペラ/音楽劇の作品研究(ラインハルト・カイザーの“クロイソス”―その時代背景、台本、音楽、舞踊、精神
ヴァーグナー“ニーベルングの指環”における為政者像と無政府主義的思想の表現
完成された個性―“木彫りの王子”における「人形」の役割
團伊玖磨の「宇宙」―オペラ“ひかりごけ”を中心に)
第4部 オペラ/音楽劇の現代(「回想のオペラ」―過去に憑かれる現代オペラ演出
オペラ創作型プログラムの歴史的経緯と今日的意義―米国メトロポリタン・オペラ・ギルドの取り組みを例に)

著者紹介

佐藤 英 (サトウ スグル)  
1975年、秋田県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、日本大学准教授。専攻、ドイツ文化研究、放送文化史
大西 由紀 (オオニシ ユキ)  
1979年、愛媛県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程修了。博士(学術)。現在、東京大学大学院学術研究員。専攻、比較文学・翻訳論
岡本 佳子 (オカモト ヨシコ)  
1985年、東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程修了。博士(学術)。現在、神戸大学講師。専攻、舞台芸術学、西洋音楽史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)