• 本

潰瘍性大腸炎とクローン病の栄養管理 IBDにおける栄養学の科学的根拠と実践法

出版社名 講談社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-06-521326-1
4-06-521326-6
税込価格 3,080円
頁数・縦 157P 26cm

商品内容

要旨

米国の研究者・登録栄養士と日本の管理栄養士が共同執筆!劇的変化を遂げるIBD治療「なぜ食事・栄養が重要なのか」最新エビデンスに基づく答えがココにある。

目次

第1章 IBDの病態と治療法
第2章 “科学的根拠”を理解するための臨床研究デザイン
第3章 IBDにかかわる食事因子とガイドライン
第4章 IBDにおける栄養管理
第5章 IBDにおける食事療法
第6章 IBD患者に対する栄養カウンセリングの実践
付録 IBDに関する患者会のすすめ

出版社・メーカーコメント

生涯完治が困難な難病IBDの治療法は栄養食事療法が重要になる。海外の最新の科学的エビデンスと日本人に合った栄養管理法を紹介。

著者紹介

杉原 康平 (スギハラ コウヘイ)  
栄養学博士、管理栄養士。2017年徳島大学大学院栄養生命科学教育部博士後期課程修了。現在、ミシガン大学消化器内科博士研究員
宮〓 拓郎 (ミヤザキ タクロウ)  
公衆衛生学修士、米国登録栄養士。2018年ミシガン大学公衆衛生大学院公衆衛生学修士栄養科学専攻修了。現在、株式会社ジーケア代表取締役
中東 真紀 (ナカヒガシ マキ)  
社会学士、管理栄養士。2013年愛知医科大学大学院医学研究科博士課程単位取得退学。現在、鈴鹿医療科学大学保健衛生学部准教授。みえIBD患者会事務局代表
山本 隆行 (ヤマモト タカユキ)  
医学博士、消化器外科医師。1989年三重大学医学部卒業。現在、独立行政法人地域医療機能推進機構四日市羽津医療センター主任外科部長兼IBDセンター長
堀田 伸勝 (ホリタ ノブカツ)  
医学博士、消化器内科医師。2014年東京医科歯科大学医歯学総合研究科博士課程修了。現在、株式会社ジーケア代表取締役。公益財団法人東京都保健医療公社豊島病院消化器内科
下山 貴寛 (シモヤマ タカヒロ)  
医学士、消化器外科医師。2014年三重大学医学部卒業。現在、独立行政法人地域医療機能推進機構四日市羽津医療センター外科医員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)