• 本

命とられるわけじゃない

出版社名 ホーム社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-8342-5345-0
4-8342-5345-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 232P 19cm

商品内容

要旨

『猫がいなけりゃ息もできない』の愛猫“もみじ”を看取ってから一年後の春。確執の深かった母を亡くした著者は、母の葬儀で一匹の猫と出会う。その小さな猫が、止まっていた時間をふたたび動かして…。

目次

1 雪も桜も舞い落ちて(心の穴ぼこ
長い散歩 ほか)
2 別れが出会いを連れてくる(再会
もの言う瞳 ほか)
3 偶然という名の(説明のつかないこと
“後悔”と“愛惜” ほか)
4 人の子のかわりでなく(令和最初の日
難産 ほか)
5 愛を注ぐ器(「ま、ええではナイカ」
生きものとの契約 ほか)

出版社・メーカーコメント

村山由佳の猫エッセイ、待望の新刊!『猫がいなけりゃ息もできない』で愛猫〈もみじ〉を看取ってから1年。平成最後の春におきた奇跡的な出会いのドラマと、50代からの幸せの形に胸がふるえる。【内容】父、愛猫に続いて、確執の深かった母を亡くした著者。その母の葬儀で、1匹の猫と出会う。小さなその猫が、止まっていた時間をふたたび動かし……。「〈後悔〉と〈愛惜〉とは別のものだ」「愛情は、限られた食糧ではない」「冷静に考えれば、年を重ねてから楽になったことのほうがずっと多い」「譲れないことも、許せないことも、人生に一つか二つあれば充分」「どれほどしんどく思えても、生きてゆく途上で起こるたいていのことは、そう――とりあえず、〈命とられるわけじゃない〉のだ」など、経験からつむぎだされた優しい箴言も随所に光る。今がしんどい人、老いゆく心身に向き合う人、大切なものを失った人、親との関係に悩む人、そして猫を愛するすべての人に贈る1冊。愛らしい猫たちや美しい軽井沢の写真を、カラー口絵と本文にたっぷり収録。味わい深い著者直筆コメントも必見!著者:村山由佳(むらやま・ゆか)1964年東京都生まれ。立教大学卒業。 93年『天使の卵─エンジェルス・エッグ─』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。09年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を受賞。『ミルク・アンド・ハニー』『猫がいなけりゃ息もできない』『もみじの言いぶん』『晴れときどき猫背 そして、もみじへ』『風よ あらしよ』など著書多数。

著者紹介

村山 由佳 (ムラヤマ ユカ)  
1964年東京都生まれ。立教大学卒業。93年『天使の卵―エンジェルス・エッグ―』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞、09年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞、21年『風よ あらしよ』で吉川英治文学賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)