• 本

バイバイバブリー

文春文庫 あ23−27

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-16-791682-4
4-16-791682-7
税込価格 682円
頁数・縦 204P 16cm

商品内容

要旨

バブルが膨れようが弾けようが、ケチなアガワの日々は変わらない。超豪華ホテルに執筆で缶詰になるも持参した服は“一張羅”のみ、髪は自分でカットし欲しい物は三日考えて買いそびれ、たまーに贅沢をしたあとは激しく落ち込む―華やかな時代を経て歳を重ね、いまだから分かるシアワセがあるのだ。共感必至の痛快エッセイ!

目次

アンチバブルの戯言
髪型の傷
タイツ復活の日
セルフカットの罪
アガワ、バブるの巻
歩くエレガンス
老婆の心
買いもの嫌い
出す力
サングラスと老眼鏡
うだうだ旅
人に音あり
思い出アクセサリー
私をスキーに誘わないで
ない生活
五十一の手習い
変わらなきゃ!
リアル・エクスタシー
大人のツリーハウス
お風呂の愉しみ
村長から一言
ときめきシューズ
二つ買いの幸せ
ローズピンクリターン
褒めたりけなしたり
首巻き属の変遷
バッグの憂鬱
髪をいじる女
カランカラン族
品格と我慢

著者紹介

阿川 佐和子 (アガワ サワコ)  
1953(昭和28)年東京都生まれ。エッセイスト。作家。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。『ああ言えばこう食う』(檀ふみ氏との共著)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。『聞く力』が2012年間ベストセラー総合1位(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)