• 本

薈庭楽話

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-12-005419-8
4-12-005419-5
税込価格 3,300円
頁数・縦 382P 20cm

商品内容

目次

幼年時代の思い出
少年時代の回顧
第一次外遊
倫敦
英国への告別
三光町の家
南葵楽堂
その頃の東都楽壇
第二次外遊
帰朝
セロの大家ホルマン
南洋の旅
第三次外遊
南米の旅
ルビンシュタインそのほか

出版社・メーカーコメント

紀州徳川家第16代当主であり、実業家・政治家として活動する一方、莫大な私財を投じた音楽資料のコレクション「南葵音楽文庫」で知られる著者が、明治・大正・昭和にわたり世界の著名な音楽家たちとの交流を回顧した自叙伝。1941年に50部のみ頒布された幻の私家版を初めて復刻した。美山良夫(慶応義塾大学名誉教授)校註

著者紹介

徳川 頼貞 (トクガワ ヨリサダ)  
1892(明治25)年生まれ。英国で音楽学を学び、帰国後わが国初の音楽専用ホールを、父頼倫が設立した南葵文庫横に設置。音楽資料の積極的な蒐集と公開等により音楽文化振興に貢献。文化の国際交流に尽力し、戦後は和歌山県選出の参議院議員を務めた。議員在任中の1954(昭和29)年に死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)