• 本

緑の神子は夢を見る 英雄王に捧げる四度目の初恋

リンクスロマンス

出版社名 幻冬舎コミックス
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-344-84832-0
4-344-84832-2
税込価格 1,100円
頁数・縦 305P 19cm

商品内容

要旨

人々を正しく導くため、神の依り代として生を受けた神子・セラフィと、その唯一の神子を守るため、人間の中から選ばれた英雄王。英雄王はその命尽きても魂の転生を繰り返し、神子を守り続ける存在で、二人は、永久に絶対的な主従のはずだった。しかし、三人目の英雄王であるヴィルヘルムとセラフィの結びつきは強く、いつしか主従以上の特別な想いを寄せ合うように…。そんな中、敵に急襲され英雄王は瀕死の重傷を負い、神子は英雄王の最後の魔力で、異世界へと転移させられてしまう。そして、いざ転移先から元の世界に戻って来たセラフィだったが、すべての記憶を失い、光樹という平凡な日本人として生きていたらしく…?記憶をたどり、真実の愛を求める“転生&異世界トリップファンタジー”!

出版社・メーカーコメント

《神子を守護する英雄王×神託を受ける神子、運命を切り開く壮大なファンタジーBL!》どこまでも続く大森林、その中央に大きな湖があり、さらにその真ん中には島がひとつ――島の名は【聖地・ヴィルヘルム】。英雄王・ヴィルヘルムと、大地の神子・セラフィが住まう場所だった。人間をいつくしむ大地の神は、その昔、人間を繁栄に導くため知恵を授け、自らの代わりにとセラフィという依り代を人間の形に似せてつくり上げた。セラフィは、人々を統率し、神子を守り抜く存在としての【英雄王】を人間の中から選び出す使命を担っていた。人間界を末永く守るため、寄り添いあい、永久とも思える長い年月を過ごす神子と英雄王だったが、感情を持たないはずのセラフィは、いつしか英雄王にとある感情を抱くようになる。しかし、そんな最中、二人の運命は大きく軌道を外れることになってしまい――?