• 本

看取り医独庵

小学館文庫 Jね01−1 小学館時代小説文庫

出版社名 小学館
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-09-407003-3
4-09-407003-6
税込価格 726円
頁数・縦 272P 15cm
シリーズ名 看取り医独庵

商品内容

要旨

浅草諏訪町で開業する独庵こと壬生玄宗は江戸で評判の名医。診療所を切り盛りする女中のすず、代診の弟子・市蔵ともども休む暇もない。医者の本分は患者に希望を与えることだと思い至った独庵は、いざとなれば、看取りも辞さない。そんな独庵に妙な往診依頼が舞い込む。材木問屋の主・徳右衛門が、なにかに憑りつかれたように薪割りを始めたという。早速、探索役の絵師・久米吉に調べさせたところ、思いもよらぬ仇討ち話が浮かび上がってくる。人びとの心に暖かな灯をともす、看取り医にして馬庭念流の遣い手・独庵が悪を一刀両断する痛快書き下ろし時代小説。

出版社・メーカーコメント

医者が尽くすべき本分は不治の病に苦しむ人々に希望を与えることだ!江戸市井に暖かな灯をともす看取り医にして馬庭念流の遣い手・独庵が一刀のもとに悪を両断する。現役の神経内科医が挑む痛快書き下ろし時代小説。

著者紹介

根津 潤太郎 (ネズ ジュンタロウ)  
1952年山梨県生まれ。医学博士。専門は神経内科。日本推理作家協会会員。エッセイ、医学ミステリー、医学実用書など多数執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)