• 本

春夏秋冬代行者 春の舞 上

電撃文庫 3776

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-04-913584-8
4-04-913584-1
税込価格 759円
頁数・縦 419P 15cm
シリーズ名 春夏秋冬代行者

商品内容

要旨

「春は―無事、此処に、います」世界には冬しか季節がなく、冬は孤独に耐えかねて生命を削り春を創った。やがて大地の願いにより夏と秋も誕生し、四季が完成した。この季節の巡り変わりを人の子が担うことになり、役目を果たす者は“四季の代行者”と呼ばれた―。いま一人の少女神が胸に使命感を抱き、立ち上がろうとしている。四季の神より賜った季節は『春』。母より授かりし名は「雛菊」。十年前消えたこの国の春だ。雛菊は苦難を乗り越え現人神として復帰した。我が身を拐かし長きに亘り屈辱を与えた者達と戦うべく従者の少女と共に歩き出す。彼女の心の奥底には、神話の如く、冬への恋慕が存在していた。暁佳奈が贈る、季節を世に顕現する役割を持つ現人神達の物語。此処に開幕。

出版社・メーカーコメント

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の暁 佳奈が贈る、四季の物語。いま一人の『春』の少女神が胸に使命感を抱き、従者の少女と共に歩き出す。暁 佳奈が贈る、季節を世に顕現する役割を持つ現人神達の物語。此処に開幕。