• 本

複眼人

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-04-106326-2
4-04-106326-4
税込価格 2,420円
頁数・縦 367P 20cm

商品内容

要旨

次男が生きられぬ神話の島から追放された少年。自殺寸前の大学教師の女性と、山に消えた夫と息子。母を、あるいは妻を失った先住民族の女と男。事故で山の“心”に触れた技術者と、環境保護を訴える海洋生態学者。傷を負い愛を求める人間たちの運命が、巨大な「ゴミの島」を前に重なり合い、驚嘆と感動の結末へ向かう―。人間と生物、自然と超自然的存在が交錯する世界を、圧倒的スケールと多元的視点で描く未曾有の物語。『タイムアウト北京』「百年来最優秀小説」、仏の島文学賞「PRIX DU LIVRE INSULAIRE」大賞。香港『亞洲週刊』「年間十大小説」、台湾『中国時報』「開巻十大好書」。台北国際ブックフェア賞(小説部門)大賞。第71回ベルリン国際映画祭「Books at Berlinale」(映画化が期待される小説部門)選出。

出版社・メーカーコメント

世界十数か国に翻訳。『自転車泥棒』の呉明益の最高傑作、待望の本邦初訳!ある日突然、台湾に巨大な塊が押し寄せた。それは人間が捨てた「ゴミの島」だった――。夫と息子を失い絶望する大学教師と、言葉を解さぬ島の少年の出会いを軸に、多元的視点と圧倒的スケールで描く幻想小説。

著者紹介

呉 明益 (ゴ メイエキ)  
1971年、台湾・台北生まれ。小説家、エッセイスト。国立東華大学華文文学科教授。輔仁大学マスメディア学部卒業、国立中央大学中国文学部で博士号取得。1997年に短編集『本日公休』でデビュー。写真とイラスト入りの自然エッセイ『迷蝶誌』(2000)、写真評論・エッセイ集『浮光』(2014)など多彩な作品を生む。2作目の長編となる『複眼人』で一躍脚光を浴びる。同作は14か国で翻訳されたほか、『タイムアウト北京』「百年来最優秀小説」(2015)、仏の島文学賞「PRIX DU LIVRE INSULAIRE」(2014)など多数受賞。第71回ベルリン国際映画祭「Books at Berlinale」(2021/映画化が期待される小説の部)にも選出。台湾現代文学を代表する作家の一人
小栗山 智 (オグリヤマ トモ)  
日中通翻訳者。東京外国語大学中国語学科卒業、台湾輔仁大学翻訳学研究所日中通訳筆訳科修了。香港で放送通訳、金融翻訳などのインハウス通翻訳を経て、現在はフリーランス(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)