• 本

ささえあう図書館 「社会装置」としての新たなモデルと役割 オンデマンド版

ライブラリーぶっくす

出版社名 勉誠出版
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-585-90039-9
4-585-90039-X
税込価格 1,980円
頁数・縦 256,6P 19cm
シリーズ名 ささえあう図書館

商品内容

目次

「ささえあう図書館」とは
第1部 利用者が図書館をささえる(市民とともにめざす「読書のまち恵庭」
離島の小さな図書館にできること―海士町中央図書館の歩み
支え合う社会をめざして―働く人々の今を支え、歴史を未来に伝えるエル・ライブラリー)
第2部 図書館が利用者をささえる(図書館は社会のセーフティネットになっているか?―「課題解決」型の図書館の視点から
中之島図書館のビジネス支援―多くの人たちに支えられた一一年の軌跡
会員制ビジネスライブラリー「BIZCOLI」の挑戦―利用者を支える図書館のデザインと実践)
第3部 図書館を利用者に届ける(視覚障害者の読書をささえて―日本点字図書館の活動
「癒しと情報」の館=患者図書館―患者の視点に立ったサービス活動
矯正施設の「読書」をささえる図書館サービス
被災地の人たちをささえる移動図書館プロジェクト―自然災害、無縁社会など、日本社会が直面する課題に向き合う)
「社会装置」としての新たなモデルと役割の可能性