• 本

臨床法医学者・真壁天 秘密基地の首吊り死体

宝島社文庫 Cた−17−1 このミス大賞

出版社名 宝島社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-299-01547-1
4-299-01547-9
税込価格 792円
頁数・縦 283P 16cm

商品内容

要旨

法医学者・真壁天は、人間と接するよりも死体を解剖している方が性に合う人間嫌い。しかし、教授から児童虐待を鑑定する臨床法医の仕事を押し付けられる。不本意ながらも死体相手に鍛えた観察眼を発揮し、様々な親子の闇を暴いていく真壁。そんなある日、彼に虐待を指摘された親が首吊り死体で発見された。死体の状況を見た真壁は、小学校時代に目の当たりにした首吊り死体を思い出し―。

出版社・メーカーコメント

第19回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉作品! 法医学者・真壁天は、人間と関わるよりも死体を解剖して分析する方がマシだと思っている生粋の人間嫌い。しかし、教授から児童虐待を鑑定する仕事を押し付けられ、さらにそこで、死体分析で鍛えた優秀な観察眼を発揮して、能力を見込まれてしまう。いやいやながら様々な親子の闇に関わっていく真壁だったが、ある日から、彼が虐待を指摘した親たちが、次々と首吊り死体で発見されていく。死体の状況を聞いた真壁は、自身が小学生時代に目の当たりにした、親友・ハルの首吊り死体を思い出す――。

著者紹介

高野 結史 (タカノ ユシ)  
1979年、北海道生まれ。宇都宮大学卒業。第19回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉として『臨床法医学者・真壁天 秘密基地の首吊り死体』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)