• 本

下町不思議町物語

徳間文庫 こ41−5

出版社名 徳間書店
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-19-894641-8
4-19-894641-8
税込価格 660円
頁数・縦 189P 15cm

商品内容

要旨

小学六年生の直之は、西の方から引っ越して来た転校生。病気のせいで体が小さくても、方言をからかわれても、母親がいなくて厳しいおばあちゃんに辛くあたられても、明るく挫けない。その元気の秘密は、路地の向こうにあった。大都会のすぐとなりにある昔ながらの不思議な下町で、師匠とその怪しい仲間が温かく迎えてくれるから―。少年の成長を描いた、癒しと再生の物語。

出版社・メーカーコメント

優しさと温かさが溢れる不思議が当たり前に隣にあるそんな物語はいかがですか?小学六年生の直之は、西の方から引っ越して来た転校生。病気のせいで体が小さくても、方言をからかわれても、母親がいなくて厳しいおばあちゃんに辛くあたられても、明るく挫けない。その元気の秘密は、路地の向こうにあった。大都会のすぐとなりにある昔ながらの不思議な下町で、師匠とその怪しい仲間が温かく迎えてくれるから----。少年の成長を描いた、癒しと再生の物語。

著者紹介

香月 日輪 (コウズキ ヒノワ)  
和歌山県生まれ。『ワルガキ、幽霊にびびる!』(日本児童文学者協会新人賞受賞)で作家デビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常1』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。2014年12月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)