• 本

なぜ、おばちゃん社長は価値ゼロの会社を100億円で売却できたのか 父が廃業した会社を引き継ぎ、受注ゼロからの奇跡の大逆転

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-478-11187-1
4-478-11187-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 319P 19cm

商品内容

要旨

閉鎖からの会社再開。メインバンクには「貸す金は1円もない!」と突き放され、炉の燃料すら売ってもらえない―。地方の中小企業が実践した永久保存版経営ノウハウ。

目次

序章 おばちゃん社長、100億円をつかむ
第1章 財務―減価償却費こそが肝、みるみる貯まる現金
第2章 理念と目標そして具体的な方法―3段階手法で、考えている?
第3章 現場改善―気づいたら会社が100億円に!
第4章 ノートと生活習慣―手書きで心を逆転反転!
第5章 心がまえ―ネガティブ体験、自虐ネタで笑い飛ばせ!

出版社・メーカーコメント

石川県羽咋市の中小企業を経営する3代目おばちゃん社長。鍛造工業としてそれ何り知られてたものの、職人肌の創業者・父は経営数字に一切関心がなかった。それでもやってこれたのは創業者の職人としての技量だけ。それが2代目だった弟の不慮の死から急変。突然、会社を絶たむと言い出し、取引先上場企業の社長までやってきて説得できなかった。どんどん取引先が離れ、仕事がなくなる。従業員はまだいるし、この鍛造の技術を残したい一心で3代目に就任。しかし、創業者は認めず訴訟にまで発展。何とか和解しするも、以前仕事が無い状況のまま。あの手この手と動き回り、知恵を絞り、働いた結果、100億円で売却し、社長も継続する事になる。地方の中小企業にも自分が試行錯誤、動き回って、あの手この手でゼロから100億円の価値まで変えた考え方を伝えてたい。地方経済の活性化の助けになればと1冊にまとめることになりました。職人肌の父が経営する鍛造メーカーが乗っ取られ突然の引っ越し。父の思惑で大学を中退して後継者候補と結婚すも離婚。営業職でもことごとく父と衝突。2代目を継いだ弟の不慮の死で、完全に変わってしまった父と会社の廃業を巡って裁判。和解するも取引先はゼロ。

著者紹介

平 美都江 (タイラ ミトエ)  
平鍛造株式会社代表取締役社長。1956年東京都大田区生まれ。1977年日本女子大学理学科を、父・昭七の看病のため中退し、父が設立した平鍛造株式会社に入社。工場のオペレーターや営業職を経て、1986年、専務取締役就任。宅地建物取引士、CFP、一級ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格を次々と取得。父の天才的な技術で製造される超大型鍛造リングにより、他の追随を許さない企業として急成長を遂げる。その後、リーマン・ショックによる景気悪化などにより受注量が激減。型破りな父による強引な客先交渉が裏目に出て、2009年に廃業する事態に。会社存続の危機に追い込まれる中、代表取締役社長に就任し、営業を再開。一度離れた顧客の信頼回復に努めつつ、数々の経営の合理化を進め、数年で業績を回復させる。2018年、大手上場会社へ株式を90%譲渡するが、その後も代表として日々、経営改善に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)