• 本

アジア遊学 255

東アジアにおける知の往還

  • 国文学研究資料館/共編 高麗大学校グローバル日本研究院/共編 ロバート キャンベル/〔ほか〕執筆
出版社名 勉誠社(制作)
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-585-32501-7
4-585-32501-8
税込価格 3,080円
頁数・縦 193P 21cm
シリーズ名 アジア遊学

商品内容

要旨

東アジアにおける知の動態を明視する。気候危機にパンデミック、市民間の分断…生命をも脅かす大きな困難が次々に起こる現代、我々はいかにして大量の情報を「個」として的確に受け止め、判断の材料に変換できるのか。そのための「知」を下支えするものの根拠を豊富な文献に求め、歴史的経験を留めた表現の集合体から照射することで新規の問いかけに繋げる。第一章「書物と文化」では、文字・絵画・書形が形づくる日本・韓国の書物文化の諸相に着目する。第二章「記録と記憶」では、災難文学および「記録」と文学的言説の往還に目を向け、第三章「都市という舞台」では「江戸」「京城」「パリ」の三都市を舞台に展開された歴史的・文学的営為に着目し、新たな研究への展望が示される。文学、美術史、思想史、歴史学、アーカイブズ学など、多面的な視角から、東アジアにおける知の往還を描き出す。

目次

1 書物と文化(『栄花物語』と朝鮮王朝の宮廷文学―『閑中録』との比較を中心として
遺稿集の季節―二十世紀前半の日本の言説編制
近代日本の元寇図と『蒙古襲来絵詞』)
2 記録と記憶(日本と韓国の災難文学と記憶―セウォル号沈没事件と東日本大震災の災難詩を中心として
近代福島県富岡町小良ヶ浜の文書管理―複合災害・縁故地・区有文書
言語と減刑―森〓外『高瀬舟』において)
3 都市という舞台(江戸における巨大寺院の復興と講中―築地本願寺の場合
日本の伝統詩歌に描かれた大都京城の風土
パリが主人公―レティフとメルシエの作品とパリの文学的神話の誕生)