• 本

料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。

出版社名 幻冬舎
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-344-03781-6
4-344-03781-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 177P 19cm

商品内容

要旨

36歳、うつ発症。料理ができなくなった食文化のジャーナリストが発見した22のこと。家庭料理とは何か、食べるとは何かを見つめた実体験ノンフィクション。

目次

第1章 うつと料理(36歳、うつ発症!
恐るべき食い意地 ほか)
第2章 うつと献立(「献立を考える」はなぜハードルが高いのか
ワンパターン献立に救われる ほか)
第3章 うつと女性(生まれて初めて「生きててよかった!」と思った日
「ていねいな暮らし」になぜ私たちは愛憎を抱くのか ほか)
第4章 うつと仕事(うつと自分を切り離して考えるようになってきた―気分を変えるピクニック弁当
二つの震災 ほか)
第5章 うつとジェンダー(料理研究家・辰巳浜子さんの本から学んだ料理の楽しさ
家事分担は「量」だけでは語れない ほか)

出版社・メーカーコメント

うつ病になったら、料理がまったく出来なくなってしまったー。食をテーマに執筆活動を続ける著者が、闘病生活を経て感じた「料理」の大変さと特異性、そして「料理」によって心が救われていく過程を描いた実体験ノンフィクション。36歳、うつ発症! 恐るべき食い意地 「選ぶ」はかなり難しい うつのおかげで生まれた時短ミニマム料理 豆腐に皿が入らずパニックになる お好み焼きをつくるのはこんなに難しいことなのか 「献立を考える」は、なぜハードルが高いのか ワンパターン献立に救われる しんどいときは一汁献立に頼ってきた 鍋を食べ終えるために床に寝転ぶ なぜ日本のキッチンはやる気を奪うのか 生まれてはじめて「生きてて良かった!」と思った日 「ていねいな暮らし」になぜ私たちは愛憎を抱くのか 料理情報の波に溺れて病まないために 外食の効能について考える うつと自分を切り離して考えるようになってきた〜気分を変えるピクニック弁当〜 二つの震災 「底つき」の馬鹿力 料理研究家・辰巳浜子さんの本から学んだ料理の楽しさ 家事分担は「量」だけでは語れない 料理が楽しいことを思い出した日のこと 料理は億劫であり、同時に楽しいものである

著者紹介

阿古 真理 (アコ マリ)  
作家・生活史研究家。食を中心にした生活史やトレンド、ジェンダーなどを研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)