• 本

新型格差社会

朝日新書 811

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-02-295120-5
4-02-295120-6
税込価格 825円
頁数・縦 195P 18cm

商品内容

要旨

日本が階級社会に陥る前に、格差を直視することが肝要だ―。広がる格差から目を逸らし続けていた平成期。コロナ禍が可視化させたその実態は、もはや不可逆的なものなのか?格差是正の実践こそが、人生100年時代の世界共通語となる。“家族格差”“教育格差”“仕事格差”“地域格差”“消費格差”、これら五大格差を直視し、統計やフィールドワークを分析しながら、「格差を認め、それを踏まえた新しい形」を省察する緊急提言書。家族社会学&感情社会学の第一人者による令和日本のリアルがここに!

目次

第1章 家族格差―戦後型家族の限界
第2章 教育格差―親の格差の再生産
第3章 仕事格差―中流転落の加速化
第4章 地域格差―地域再生の生命線
第5章 消費格差―時代を反映する鏡
おわりに―令和の格差のゆくえ

出版社・メーカーコメント

中流層が消滅し、富裕層と貧困層の差が広がり続ける日本社会。階級社会に陥ってしまう前に、私たちにできることは何か? 〈家族〉〈教育〉〈仕事〉〈消費〉〈地域〉。コロナ禍によって可視化された 新型 格差問題を、家族社会学の観点から五つに分けて緊急提言。

著者紹介

山田 昌弘 (ヤマダ マサヒロ)  
1957年、東京生まれ。1981年、東京大学文学部卒。1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)