• 本

リニア中央新幹線をめぐって 原発事故とコロナ・パンデミックから見直す

出版社名 みすず書房
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-622-08996-4
4-622-08996-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 177,8P 19cm

商品内容

要旨

なぜこの国では、不合理な巨大プロジェクトが暴走してしまうのか?その根本を掘り下げ、福島原発事故後/コロナ禍以後の社会のあるべき形を見据えた、直球の提言。

目次

序章 なぜいまリニア新幹線を問うのか(リニア問題とは何か、その概略
リニアをめぐるこれまでの経緯)
第1章 リニアは原子力発電を必要とする(リニアに必要なエネルギー(電力)
リニアの構造と技術的な問題
超伝導リニアをめぐる問題
リニアの運転と原子力発電)
第2章 6000万人メガロポリスの虚妄(新幹線が一極集中をもたらした
リニアによる一極集中の加速
新幹線幻想からの決別)
第3章 リニアをめぐるいくつかの問題(環境破壊そして残土の問題
大深度地下にまつわる問題
リニア中央新幹線計画の闇
技術とナショナリズムの影)
第4章 ポスト福島、ポスト・コロナ(コロナ後のリニアを見る目
集中と分散、そして脱成長
脱成長と定常型社会の展望
高度成長の実相を踏まえて)

著者紹介

山本 義隆 (ヤマモト ヨシタカ)  
1941年、大阪に生まれる。1964年東京大学理学部物理学科卒業。同大学大学院博士課程中退。現在、学校法人駿台予備学校勤務。科学史家。著書に『磁力と重力の発見』全3巻(みすず書房、2003、パピルス賞・毎日出版文化賞・大佛次郎賞受賞、韓国語訳、2005、英語訳The Pull of History:Human Understanding of Magnetism and Gravity,World Scientific,2018)、『近代日本一五〇年―科学技術総力戦体制の破綻』(岩波新書、2018、科学ジャーナリスト賞、2019、韓国語訳、2019、中国語訳、2019)、『小数と対数の発見』(日本評論社、2018、日本数学会出版賞、2020)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)