• 本

死にざま図鑑 偉人のさいごはどうなった?

出版社名 ポプラ社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-591-16628-4
4-591-16628-7
税込価格 1,320円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

要旨

日本の歴史にのこる32名の偉人のラストシーン…いろんな生き方をのぞいてみよう。

目次

第1章 飛鳥・奈良・平安時代の死にざま(母や妻と同じ病気にかかる聖徳太子
儀式の最中に暗殺される蘇我入鹿 ほか)
第2章 鎌倉・室町時代の死にざま(追っ手にかこまれて自害源義経
義経のたたりで落馬した…!?源頼朝 ほか)
第3章 戦国・安土桃山・江戸時代の死にざま(ハードな布教活動で体に限界がフランシスコ・ザビエル
家臣におそわれて野望終了織田信長 ほか)
第4章 明治・大正・昭和時代の死にざま(流れ弾が当たって戦死土方歳三
6人の刺客におそわれる大久保利通 ほか)

出版社・メーカーコメント

「死にざま」のなかに「生きざま」が見える!日本の歴史上の人物の「死にざま」にスポットを当てて、その生涯を紹介。ざんねんなラストを迎えてしまった、あの人物の大失敗とは? 世間から忘れられても、幸せな最期を迎えられたあの人物の処世術とは? 偉人たちの最期の姿を通じて、よりよく生きる術を知る歴史雑学本です。本書に登場する人物(一部のみ紹介)聖徳太子/蘇我入鹿/菅原道真/源頼朝/足利尊氏/織田信長/明智光秀/ザビエル/大塩平八郎/坂本龍馬/福沢諭吉/渋沢栄一/高橋是清

著者紹介

伊藤 賀一 (イトウ ガイチ)  
リクルート「スタディサプリ」で高校日本史・倫理・政治経済・現代社会、中学地理・歴史・公民の7科目を担当する「日本一生徒数の多い社会科講師」
田渕 正敏 (タブチ マサトシ)  
2011年よりイラストレーターとして活動を始める。同時期にグラフィックデザイナー松田洋和と造本ユニット「へきち」を結成。書籍、音楽、ファッション、パッケージ等幅広いジャンルのイラストレーションを手がける
沖元 友佳 (オキモト ユカ)  
ライター・編集者・イラストレーターのフリーランスとして活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)