• 本

雇用、金利、通貨の一般理論

NIKKEI BP CLASSICS

出版社名 日経BP
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-296-00015-9
4-296-00015-2
税込価格 2,860円
頁数・縦 591P 20cm

商品内容

要旨

資本主義の危機に天才ケインズが捻りだした処方箋!大恐慌後の1936年に刊行され、経済学を変え、世界を救った古典の新訳。経済学のパラダイムを一新した革命の書。

目次

第1篇 序論
第2篇 定義と概念
第3篇 消費性向
第4篇 投資のインセンティブ
第5篇 名目賃金と物価
第6篇 短い覚書 一般理論から何を引き出せるのか

著者紹介

ケインズ,ジョン・メイナード (ケインズ,ジョンメイナード)   Keynes,John Maynard
1883〜1946。二〇世紀を代表するイギリスの経済学者であり、マクロ経済学の創始者。ケンブリッジ大学で数学を学び、インド省に二年勤務した後、ケンブリッジ大学に戻り、通貨論を研究。1915年大蔵省に入り、第一次世界大戦終結後の1919年パリ講和会議に大蔵省首席代表として参加。敗戦国ドイツへの賠償請求に反対して辞任、『平和の経済的帰結』を発表。一九三〇年代の大恐慌以降の深刻な不況と失業を説明する『一般理論』を1936年に発表。米国のニューディール政策の理論的な裏付けとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)