• 本

イチからつくるサステナビリティ部門 元システムエンジニアの挑戦

出版社名 日経BP
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-296-10937-1
4-296-10937-5
税込価格 2,750円
頁数・縦 287P 21cm

商品内容

要旨

「CDP気候変動」での最高評価獲得、「DJSI World」の構成銘柄選定など、サステナビリティ先進企業としての評価を得ている野村総合研究所。サステナビリティ部門を率いてきたのは、専門外の元システムエンジニアだった。ESG投資の拡大やSDGsの普及を受け、重要性が高まるサステナビリティ部門。戦略策定から情報開示の進め方まで具体的なエピソードで紹介。サステナビリティ戦略の構築と実践、情報開示、社内教育―。サステナビリティ部門の仕事がこの1冊に。

目次

第1章 ESGの基礎知識(ESGとは
サステナビリティ経営の広がり ほか)
第2章 サステナビリティ部門の業務(事業戦略策定や情報開示など幅広く実施
事業戦略に関わる業務 ほか)
第3章 サステナビリティ推進室奮闘記(サステナビリティ活動の始まり 外部評価分析が第一歩
グローバル標準の活動へ 投資家の評価を左右す ほか)
第4章 サステナビリティ経営へのロードマップ(パーパスの導入・浸透
TCFDシナリオ分析の展開 ほか)
第5章 ESG実務のための用語集(CDP/DJSI
CSV/FTSE Russell ほか)

著者紹介

本田 健司 (ホンダ ケンジ)  
野村総合研究所(NRI)サステナビリティ推進室室長。システムエンジニアとして証券・公共などのシステム開発に従事した後、香港に3年間駐在。2000年以降、ネット通販や携帯・スマホのカーナビアプリ開発など新規事業の立ち上げを担当した。13年5月に本社総務部に異動し、サステナビリティ活動に関わる。16年10月から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)