• 本

有賀薫の豚汁レボリューション 野菜一品からつくる50のレシピ

出版社名 家の光協会
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-259-56686-9
4-259-56686-5
税込価格 1,430円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

キャベツのくるくる豚汁、焼きねぎ豚汁、なすのごま豚汁、トマトン汁、玉ねぎコーンの豚汁…豚汁さえあれば今日のごはんは大丈夫。

目次

豚汁さえあれば今日のごはんは大丈夫。
がんばる豚汁じゃなくてなんとかなる豚汁です
これが豚汁レボリューション
忙しい日の救世主 一品でも豚汁。
バランス最強の組み合わせ 二品でも豚汁。
豚汁の密かな愉しみ
もう余らせない!フードロス豚汁
塊肉にスペアリブ、ベーコンだって!これも豚汁。
2日目も、3日目もおいしい日曜豚汁

出版社・メーカーコメント

大人気のスープ作家、有賀薫さんが提案する、あたらしい豚汁。ふつうの具だくさん豚汁ではなく、素材も味つけもシンプルで、すぐできるのが有賀流。本書では「野菜1つ、または2つでできる豚汁」や「スペアリブや豚ひき肉を使った豚汁」など、これまでの概念をくつがえす豚汁レシピを紹介します。豚汁が持つあたたかさや満足感はそのままに、「手軽さ」や「食材の組み合わせ」を現代に合わせて見直した、いわば‘‘豚汁革命’’!おいしくラクに作れる豚汁で、新しい食習慣をはじめましょう。豚汁があれば、なんとかなる!

著者紹介

有賀 薫 (アリガ カオル)  
スープ作家。家族の朝食にスープをつくり始めたことをきっかけにスープづくりをSNSで発信。2011年から毎日更新しているシンプルなスープレシピが人気を集め、雑誌やテレビ、ラジオ、トークイベントなどで幅広く活躍。スープを通して、つくる人と食べる人ともに幸せになる食卓を提案している。2018年に『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)が、2020年に『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が、それぞれ料理レシピ本大賞入賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)