• 本

荒磯の絶唱 柿本人麻呂が歌う真実の建国史

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-344-93367-5
4-344-93367-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 535P 19cm

商品内容

要旨

「万葉集」の虚構を暴く。今、蘇る1300年前の日本の姿とは。驚くべき編纂の経緯から「あすか王女」との悲恋まで。新解釈を提示する万葉集読本。

目次

第1部 神国日本の巻(日並皇子挽歌の本来の姿
高市皇子挽歌の本来の姿
安騎野遊猟歌など5首の本来の姿 ほか)
第2部 相思相愛の巻(明日香皇女挽歌の本来の姿
献呈挽歌の本来の姿
泣血哀慟歌の本来の姿 ほか)
第3部 まとめの巻(新事実と仮説
人麻呂の生涯
『万葉集』は天歴期に成立した)

著者紹介

小野 哲平 (オノ テッペイ)  
1940年I県生まれ。県立高校を卒業後、小説家を志して上京。某大学で露文を学ぶが中退。その後いろいろな職業を経て市場調査会社に就職し、生産財分野に特化した市場調査活動に専念。1989年に市場調査会社を設立した。現在は退職して無職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)