• 本

希望の源泉・池田思想 『法華経の智慧』を読む 3

出版社名 第三文明社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-476-03397-7
4-476-03397-0
税込価格 1,320円
頁数・縦 238P 19cm
シリーズ名 希望の源泉・池田思想

商品内容

要旨

善悪論、折伏と寛容性、迫害と殉教の精神など、多様な視点から創価学会の内在的論理を考察する。

目次

「悪と戦い続けてこそ仏」という思想
「衆生の救済」こそ、究極の善
悪は「善の炎」のための薪となる
法華経の「女人成仏」が語りかけるもの
竜女の成仏は、高らかな「人権宣言」
現代における「不惜身命」とは何か
創価学会と「三類の強敵」の戦い
「折伏」と「寛容」について考える
師弟が共闘してこそ「難即安楽」に
「地涌の菩薩」とその使命感
「人間への信頼を取り戻せ」という警鐘
池田会長の民衆観の根底にあるもの

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年、東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、専門職員として外務省に入省。在ロシア日本大使館に勤務し、主任分析官として活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴され、09年6月執行猶予付有罪確定。13年6月執行猶予満了し、刑の言い渡しが効力を失った。著書に、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『自壊する帝国』(新潮文庫)、毎日出版文化賞特別賞を受賞した『国家の罠』(新潮文庫)など多数。第10回安吾賞、第68回菊池寛賞、第8回梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)