• 本

トランスナショナル・ガバナンス 地政学的思考を越えて

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-00-061470-2
4-00-061470-3
税込価格 2,860円
頁数・縦 275P 19cm

商品内容

要旨

気候変動や感染症、移民・難民をめぐる課題、貿易や企業活動、SDGs、フェイクニュースと陰謀論の跋扈、主権と人権のゆくえなど、国境を越えた喫緊の諸問題が山積している。それらを解決していくために、地政学的な思考や戦略ではなく、グローバルな立憲主義に基づいたルール形成と行動プロセスをどのように実現していくか。そこでの日本の役割とはどのようなものか。日本と欧州を代表するEU研究者が編者としてタッグを組み、各分野の研究者および実務家が「トランスナショナル・ガバナンス」をめぐり考察と問題提起を行なう。

目次

序章 トランスナショナル・ガバナンスとは何か
第1章 トランスナショナル・ガバナンスと相互承認原則
第2章 トランスナショナル・ガバナンスと気候変動
第3章 トランスナショナル・ガバナンスと企業―コーポレート・ガバナンス
第4章 トランスナショナル・ガバナンスと移民・難民―フランスにおけるムスリム女性の宗教的自由の制限
第5章 トランスナショナル・ガバナンスとジャーナリズム
第6章 主権と人権―トランスナショナルな立憲主義構想に寄せて
終章 権力と政治の変容、トランスナショナルな秩序の形成―相互依存世界における国境を越えたガバナンス

出版社・メーカーコメント

気候変動や感染症、移民・難民をめぐる課題、貿易や企業活動、SDGs、フェイクニュースと陰謀論の跋扈など、国境を越えた諸問題が山積している。地政学的な思考や戦略ではなく、グローバルな立憲主義に基づいたルール形成と行動プロセスをどのように実現していくか。欧州と日本の各分野における第一線の研究者と実務家による提起。

著者紹介

庄司 克宏 (ショウジ カツヒロ)  
1957年生。中央大学総合政策学部教授、慶應義塾大学名誉教授。専門は、EUの法と政策、欧州政治、国際機構。日本EU学会元理事長、現理事。欧州委員会よりジャン・モネ・チェア(ad personam)授与。2009‐10年外務省日EU関係有識者委員会委員
マドゥーロ,ミゲール・P. (マドゥーロ,ミゲールP.)   Maduro,Miguel P.
1967年、ポルトガル生。欧州大学院大学教授、前トランスナショナル・ガバナンス研究科長。専門は、EU法、国際経済法、憲法、比較制度分析。EU司法裁判所のアヴォカ・ジェネラル(裁判官同等職)、ポルトガル政府の官房長官・地域開発大臣、FIFAガバナンス・審査委員長等も歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)