• 本

跨境 日本語文学研究 Vol.11(2020)

アジアにおける日本語文学・文化の越境と翻訳

出版社名 高麗大学校GLOBAL日本研究院
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-305-40311-7
4-305-40311-0
税込価格 2,200円
頁数・縦 299P 26cm

商品内容

目次

特集:アジアにおける日本語文学・文化の越境と翻訳(韓国における科学小説の受容―ジュール・ウエルーヌ作、李海朝述譯『科学小説 鉄世界』の啓蒙性と科学的想像力を中心に
「媒介者」としての翻訳―丹羽純一郎訳『欧州奇事 花柳春話』を視座に ほか)
一般論文(インドネシア人像とプロパガンダの手法との関係―北原武夫『インドネシア人の性格』を中心に
山崎豊子『大地の子』論―陸一心の人物像をめぐって)
研究資料(在日ディアスポラの生態学的文化地形とグローカリティー
鎌倉文庫の単行本出版目録 ほか)
書評(“『京城日報』文学・文化叢書”全13巻
『日帝強占初期韓半島刊行日本語民間新聞の文藝物』叢書 ほか)