• 本

楽器から見るオーケストラの世界 カラー図解 新装版

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-309-29139-0
4-309-29139-2
税込価格 2,695円
頁数・縦 141P 21cm
シリーズ名 楽器から見るオーケストラの世界

商品内容

要旨

ヴィヴァルディやラヴェルの時代の編成、名曲で使われている楽器秘話、世界のオーケストラの特長と独自の使用楽器…楽器から広く深く楽しく知る必携オーケストラガイド!名曲の聴き方が変わる!

目次

序章 オーケストラを知るために(オーケストラとは?
現代の標準配置
現代型対向配置 ほか)
第1章 名曲の編成からオーケストラの歴史を知ろう(ヴィヴァルディの編成―協奏曲集“和声と創意の試み”〜春
バッハの編成―“ブランデンブルク協奏曲”第6番
ヘンデルの編成―“王宮の花火の音楽” ほか)
第2章 世界のオーケストラを知ろう(第二次大戦を境にグローバル化した世界各地のオーケストラ
世界のオーケストラ
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ほか)

著者紹介

佐伯 茂樹 (サエキ シゲキ)  
早稲田大学卒業後、東京藝術大学でトロンボーンを学ぶ。古楽器を中心とした演奏活動を行なう傍ら、多くの音楽雑誌に論文や記事を執筆。東京藝術大学大学院で楽曲と楽器に関する講義を担当。東京藝術大学講師。東京ヒストリカルブラス主宰。2019年逝去。2020年、第32回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(クラシック部門功労賞)を贈られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)