• 本

神さまの通り道 スサノオさんキレてるんですけど

出版社名 偕成社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-03-530760-0
4-03-530760-2
税込価格 1,320円
頁数・縦 135P 22cm

商品内容

要旨

ガンちゃんの前にあらわれたのは、なぞの自称神さま、スーさんだった!学校でおねがい係になったガンちゃんは、クラスになじめない清水さんのなやみを解決しようとするけれど…。ヘンテコな神さまとおきらく小学生のちょっといいおはなし。小学校中学年から。

出版社・メーカーコメント

小学生のガンちゃんは、家の建て増しで自分の部屋をもらえることになる。そこは、代々「神さまの通り道」だから空けておくように、と言われてきた敷地だった。かくして、ガンちゃんのもとには、雲に乗った自称神さまスーさんが出没することになる。一方、ガンちゃんは学校でおねがい係になって、クラスメイトの清水さんのおねがいを聞くことになる。クラスになじめない清水さんとのやりとりをなげだしそうになるガンちゃんだったが、スーさんは型破りなアドバイスをするのであった。勝手気ままで、人の道に反したことをいうと歯を痛くするスーさん、おきらく小学生ガンちゃんのやりとりがおもしろいハートフルなお話です。:::::::::::::::::::::::「ちょっとやめてよ、ぼくの部屋で。」「わしの部屋でもある。」 サーブをうちかえすように、そのおじいさんは、へいぜんといいかえしてきた。 こわがるべきなんだろうけど、そのまえに、カチンときた。「なんかとても、失礼なんだけど。あなたは、なんなんですか?」「ああ、わしは、神さまだけど。」 サラリという。(本文より)

著者紹介

村上 しいこ (ムラカミ シイコ)  
1969年三重県生まれ。童話から小説まで幅広いジャンルで活躍。作品に『かめきちのおまかせ自由研究』(日本児童文学者協会新人賞)、『れいぞうこのなつやすみ』(ひろすけ童話賞)、『うたうとは小さないのちひろいあげ』(野間児童文芸賞)、など多数
柴田 ゆう (シバタ ユウ)  
愛知県出身。イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)