• 本

生贄探し 暴走する脳

講談社+α新書 823−2C

出版社名 講談社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-06-521832-7
4-06-521832-2
税込価格 968円
頁数・縦 204P 18cm

商品内容

要旨

幸せそうな人を見ると、モヤッとする、相手が得をすると損した気持ちになる、抜け駆けする人が痛い目に遭うのは当然、お前だけを特別扱いできない、など―日本人の思考の傾向は脳の特徴だった。豊かで多様性のある生き方のために、中野信子とヤマザキマリがアドバイス。

目次

第1章 なぜ人は他人の目が怖いのか(中野信子)(「魔女狩り」に見る人間心理の闇
幸せそうな人を見ると、なぜモヤッとするの? ほか)
第2章 対談「あなたのため」という正義―皇帝ネロとその毒親(人はいともたやすく正義中毒にはまる
なぜ読者が、皇帝ネロに感情移入したのか ほか)
第3章 対談 日本人の生贄探し―どんな人が標的になるのか(プチネロたちの脳内
「群れ」に生じる凶暴な安心感 ほか)
第4章 対談 生の美意識の力―正義中毒から離れて自由になる(境目の人々に見えている世界
なぜ混血児は優秀なのか ほか)
第5章 想像してみてほしい(ヤマザキマリ)(“出る杭を打つ”日本を恋しがるイタリア人の夫
思い知らされた“世間体”という日本の戒律 ほか)

著者紹介

中野 信子 (ナカノ ノブコ)  
1975年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部応用化学科卒業。同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所ニューロスピンに勤務後、帰国。脳や心理学をテーマに、人間社会に生じる事象を科学の視点をとおして明快に解説し、多くの支持を得ている。現在、東日本国際大学特任教授、京都芸術大学客員教授
ヤマザキ マリ (ヤマザキ マリ)  
1967年、東京都生まれ。漫画家、随筆家。東京造形大学客員教授。1984年にイタリアに渡り、国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。2010年『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。平成27年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。2017年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)