• 本

コンテンツツーリズム メディアを横断するコンテンツと越境するファンダム

出版社名 北海道大学出版会
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-8329-6867-7
4-8329-6867-X
税込価格 4,180円
頁数・縦 382P 21cm

商品内容

目次

アニメツーリズムからコンテンツツーリズムへ
第1部 文学世界のコンテンツ化(ジェーン・オースティンのアメリカ人ファンとコンテンツツーリズム
コンテンツ・ブランドスケープの概念化―ブロンテ・ブランド
『ウィッチャー』(The Witcher)―小説シリーズとゲームが誘発するポーランドへのツーリズム
ハイジを旅する―日本のアニメーション作品が生んだ越境型コンテンツツーリズム)
第2部 コンテンツツーリズムの“聖地”におけるツーリスト行動(日本のファンタジーにおけるコッツウォルズと児童文学―カースル・クームの事例
日本と台湾における妖怪ツーリズム
コンテンツツーリズムと宗教的想像力
コミュニケーションの場としての2.5次元舞台の劇場―場所非特定型劇場ツーリズム
インドネシアにおけるコスプレ・ツーリズム)
第3部 巡礼としてのコンテンツツーリズム(国内映画に動機付けられた海外旅行―タイ映画におけるコンテンツ化された“韓国らしさ”と韓国へのツーリズム
コンテンツツーリズム・イン・プレインサイト―聖地としての航空機
ブレイキング・ベンジャミン―ある女性のニューメキシコへの巡礼
バンジョーから芭蕉まで―詩人、コンテンツ、そしてツーリズム)
21世紀における持続可能なコンテンツツーリズム