• 本

食料・農業の深層と針路 グローバル化の脅威・教訓から

出版社名 創森社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-88340-348-6
4-88340-348-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 181P 21cm

商品内容

要旨

安全・安心な食料確保へ。牛肉、小麦、大豆、柑橘など危ない輸入農産物が急増。過度な自由貿易拡大による誤謬・代償と持続可能な食・農・環境・地域の活路を提起。

目次

1章 安全基準に逆走するリスク農産物輸入増
2章 農業保護が当然の根拠―欧米日などの違いから
3章 貿易政策の変化と食料自給率を再検証
4章 グローバル化の歪みで食・農が貶められる
5章 生存の基盤を守る農林漁業の下支えへ
6章 食・農の世界潮流と足もとからの立て直し

著者紹介

鈴木 宣弘 (スズキ ノブヒロ)  
東京大学大学院(農学国際専攻)教授。1958年、三重県生まれ。1982年東京大学農学部卒業。農林水産省、九州大学教授を経て、2006年より東京大学教授。98〜2010年(夏季)コーネル大学客員教授。2006〜2014年学術会議連携会員。専門は農業経済学。日韓、日チリ、日モンゴル、日中韓、日コロンビアFTA産官学共同研究会委員、食料・農業・農村政策審議会委員(会長代理、企画部会長、畜産部会長、農業共済部会長)、財務省関税・外国為替等審議会委員、経済産業省産業構造審議会委員、JC総研所長、国際学会誌Agribusiness編集委員長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)