• 本

コロナショックの経済学

出版社名 中央経済社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-502-38591-9
4-502-38591-3
税込価格 2,750円
頁数・縦 192P 21cm

商品内容

要旨

新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の感染拡大は、経済にどのようなダメージを与え、どのような変化をもたらしたのか。さまざまなデータと分析により実態と課題を浮き彫りにする。

目次

第1章 コロナショックと日本経済―日本は危機をどう乗り越えるのか
第2章 コロナショックと日本の医療体制
第3章 感染症モデルと経済―自発的ステイホームの役割
第4章 コロナショックの産業面・地域面への影響
第5章 新型コロナに対する韓国社会の対応―情報、介入、社会的コスト
第6章 コロナショックと企業退出―実証事実と政策評価
第7章 コロナショックによる労働市場の変化
第8章 コロナショックと働き方
第9章 コロナ後の経済政策レジームを考える

著者紹介

宮川 努 (ミヤガワ ツトム)  
学習院大学経済学部教授。博士(経済学、一橋大学)。東京大学経済学部卒業、日本開発銀行(現日本政策投資銀行)、一橋大学経済研究所を経て現職。専攻はマクロ経済学、日本経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)