• 本

Googleデータポータルによるレポート作成の教科書 多様なデータベースと接続するウェブ解析レポートを徹底解説

出版社名 マイナビ出版
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-8399-7573-9
4-8399-7573-6
税込価格 3,179円
頁数・縦 311P 21cm

商品内容

要旨

データはリアルタイムで更新!複数のデータソースと統合可能!レポーティングを自動化!SFAと連携可能!「見るだけ」から「意思決定」に直結する次のアクションを促すレポートを作ろう!

目次

1 これからのウェブ解析レポートとは
2 Googleデータポータルの使い方
3 解析の実務
4 レポートを作る
5 ビジュアライズの重要性
6 高度な活用方法
7 レポート活用事例
付録

出版社・メーカーコメント

■Google データポータルとは:Google社が提供している無料のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールです。GoogleアナリティクスやGoogle広告、BigQuery、Googleスプレッドシートなどのさまざまなデータソースと連携できるだけでなくインタラクティブなダッシュボードとビジュアライゼーションが特徴的なレポートを作成できます。また、機能のアップデートが日々行われており、作成したレポートはインターネット上で共有する以外にPDF化できます。■本書の発行にあたって:GoogleデータポータルやBIツールという言葉を聞いたことはあるものの、利用を躊躇している方は多いでしょう。いざ利用しようにもきちんと紹介している書籍は少ない。Googleデータポータルはデータ解析の担当者にとって、有用なツールです。本書では、ツールの使い方を紹介するではなくデータ解析の内容も織り交ぜているため、マーケティング初心者から中級者まで、幅広い層の方を対象にしています。皆さんの日々の業務の一助になれば幸いです。■本書の特徴:・次のアクションにつなげるためのレポート作成法を解説マーケティングで活用されるレポートは、データをただ並べたのものでは価値がありません。次のアクション(意思決定)につながってこそ、レポートとしての真の価値が発揮されます。またレポートは直接説明する相手だけでなく、その後上長や関係各所でひとり歩きすることがあります。その際に伝えたい内容が正しく伝わる必要があります。本書ではGoogleデータポータルの使い方だけでなく、レポートのあるべき姿についても記載しています。・各種ツール、データベースとの連携を紹介連携可能なデータソースはGoogleアナリティクス、Google広告、GoogleスプレッドシートといったGoogle社が提供しているツールのみではなく、SalesforceやSupermetricsとの連携も可能です。それぞれのデータソースを統合したグラフや表が作成できることも魅力の一つです。・実務に役立つ活用事例基本的にはレポート作成として利用されることが多いツールですが、マーケティングデータの定点観測としての使い方もおすすめです。毎日決まった時間にPDFをメールで送ることもできるため、ダッシュボードにその度に見に行かなくても変化にいち早く気付けます

著者紹介

小川 卓 (オガワ タク)  
ウェブアナリストとして、リクルート、サイバーエージェント、アマゾンジャパンなどで勤務後、独立。複数社の社外取締役、大学院の客員教授などを通じてウェブ解析の啓蒙・浸透に従事。株式会社HAPPY ANALYTICS代表取締役
江尻 俊章 (エジリ トシアキ)  
一般社団法人ウェブ解析士協会代表理事。2000年の創業以来、業界では最も早い時期からアクセス解析に着目し、ウェブ解析を軸にしたコンサルティングを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)