• 本

企業価値経営

出版社名 日経BP日本経済新聞出版本部
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-532-13514-0
4-532-13514-1
税込価格 4,620円
頁数・縦 710P 22cm

商品内容

要旨

資本生産性とサステナビリティをいかにして共に高めるか?「伊藤レポート」やESGに対応。分析・評価・創造で企業価値ストーリーを紡ぐ。ロングセラー『新・企業価値評価』の骨格に、いま日本企業が直面する環境激変、あらゆる課題を盛り込み全面刷新した、経営実践のための必読書。

目次

価値思考が未来を変える
企業価値経営のフレームワーク
第1部 分析編(財務諸表から読む企業活動
戦略的ファンダメンタル分析
経営戦略分析
会計戦略分析
“ケース・スタディ”電機業界のファンダメンタル分析)
第2部 評価編(企業価値とバリュエーション
証券市場と企業評価
資本コストの測定と管理
“ケース・スタディー”ピジョンの企業価値評価
EVAバリュエーション
企業価値創造のためのM&Aと事業ポートフォリオ改革
無形資産の価値評価と戦略的活用
非財務・ESG情報による企業評価)
第3部 創造編(青天の霹靂
価値思考
さらなる企業価値創造に向けて)

出版社・メーカーコメント

■経営の具体例を通して生きた企業価値評価が分かる定番テキスト。ガバナンス改革、資本コスト経営の定着、ESGなど新たな潮流を盛り込んだパワーアップ版。経産省「伊藤レポート」の実践書です。競争力をどう測り、創造するか? ファンダメンタル分析から、企業価値の測定、創造まで、すべて日本企業の事例で読み解きます。■本書の特徴(1) 「経営」という枠組みのなかで解説 企業価値評価の手法や概念が、経営という実践の場でどのような意義を持ち、どのように活用されているのかをわかりやすく解説します。日本企業が直面している課題や現実にもとづいて理解できるよう、豊富な国内事例を取り上げました。(2) 基本から応用、実践までを理解できる3部構成1. 分析編では、会計数値などを駆使しながら企業の競争力や企業行動を解析するファンダメンタル分析に主眼を置いています。2. 評価編では、ファイナンスの理論やツールを活用して企業価値を算定します。難解に見える手法も、本質部分の考え方は驚くほどシンプルです。3. 創造編では、「ある出来事に直面した企業が、本書のフレームワークを使っていかに課題を解決していくか」を1つの経営ストーリーとして追いかけます。

著者紹介

伊藤 邦雄 (イトウ クニオ)  
1951年千葉県生まれ。1975年一橋大学商学部卒業。1984年一橋大学助教授。1987年スタンフォード大学フルブライト研究員(〜88年)。1992年一橋大学教授。1996年商学博士(一橋大学)。2002年一橋大学大学院商学研究科長・商学部長(〜04年)。2004年一橋大学副学長(〜06年)。現在、一橋大学CFO教育研究センター長、一橋大学名誉教授、中央大学戦略経営研究科特任教授、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)コンソーシアム会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)