• 本

「物理数学」と「プログラム」でわかる「音」の解析

I/O BOOKS

出版社名 工学社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-7775-2142-5
4-7775-2142-7
税込価格 2,090円
頁数・縦 159P 21cm

商品内容

要旨

昨今の「音響システム」を理解するには、「物理」や「数学」の知識が不可欠になっています。本書では、それらを次のようにまとめています。音響工学、波動方程式、伝達関数と古典制御、ラプラス変換と電気回路、Arduinoによるサウンドシステム、振動と波動。基礎知識のある方はもちろん、これから「音響工学」を志す方にも理解を深めるのに役立つ内容になっています。

目次

第1章 音響工学(「電子回路フィルタ」の「3次元音響」
「音」の共振回路
「ヘルムホルツの共鳴器」と「音響インピーダンス」
「Arduino」と「Python」によるサウンドシステム)
第2章 方程式(「Octave」について
差分近似で解く「波動方程式」
「連続方程式」と「運動方程式」
「熱力学」と「状態方程式」の応用)
第3章 ラプラス変換と電気回路(要素の伝達関数とラプラス変換
「ラプラス変換」で解く電気回路の応答
「ナイキスト安定判別法」と「ゲイン余裕」)
第4章 振動と波動方程式(音波の振動
「波動方程式」と「反射波」
「フーリエ級数」による「波動方程式」の展開
「横振動」「縦振動」のエネルギーと運動量
固体を伝わる「振動」と「波動方程式」)

著者紹介

君島 武志 (キミシマ タケシ)  
広島県出身。某大学経済学部経済学科卒業。大学時代の講義がきっかけで、PCについて興味をもち、PC雑誌や書籍の執筆をしながら、独学と講座でプログラミングの勉強を始める。音響工学、電気電子、波形を主として取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)