• 本

フクシマ土壌汚染の10年 放射性セシウムはどこへ行ったのか

NHKブックス 1268

出版社名 NHK出版
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-14-091268-3
4-14-091268-5
税込価格 1,430円
頁数・縦 222P 19cm

商品内容

要旨

人々を不安に陥れた放射能汚染は今、どうなっているのか。飛散した放射性セシウムが土に強く固着しつつあることを原発事故後の現地調査でいち早く明らかにした著者が、10年の間に新たに判明してきた事実を書き下ろす。稲、大豆、果物、山菜、キノコ、樹木、家畜に至るまでさまざまな生物のセシウム吸収と排出の仕組みを解明し、田畑、森林、市街地での除染の影響を検証したうえで、河川を通じた拡散や二次汚染などの新たなリスクを示す。汚染の実態を知り、本質を考えるために不可欠の一冊。

目次

序章 「放射能」を理解する―汚染をめぐる基礎知識
第1章 土壌の汚染と除染の方法―セシウムはどう固定されるか
第2章 吸収の抑制と排出の仕組み―セシウムはどう取り込まれるか
第3章 果実への蓄積と二次汚染―セシウムは植物内でどう動くか
第4章 森林の汚染から河川への流出へ―セシウムはどう運ばれるか
補論 セシウムボールと放出源

著者紹介

中西 友子 (ナカニシ トモコ)  
星薬科大学学長、東京大学名誉教授・特任教授。1978年、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。日本ゼオン(株)研究員などの後、1987年東京大学農学部に入り、助手・助教授を経て2001年から東京大学大学院農学生命科学研究科教授。2016年退官後、東京大学名誉教授・特任教授。2019年から星薬科大学学長。専門は放射線植物生理学。Hevesy賞、猿橋賞、日本放射化学会賞などを受賞。フランス国家功労勲章受章。スウェーデンチャルマース工科大学名誉博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)