• 本

彼らはどこにいるのか 地球外知的生命をめぐる最新科学

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-309-25423-4
4-309-25423-3
税込価格 2,970円
頁数・縦 368,15P 20cm

商品内容

要旨

最新鋭の望遠鏡や探査機の力で、宇宙の「ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)」や「テクノシグネチャー(技術痕跡)」の研究が加速して、いよいよ地球外知的生命探査(SETI)は次のステージへ!エイリアンは本当に存在するのか、どのような環境で暮らしているのか、異星文明の科学力はどれくらいか、彼らと交信することはできるのか、もし会ったらどうなるか…。気鋭の科学ジャーナリストが宇宙科学のトップランナーへ取材を重ね、さらには心理学・人類学・歴史学などの知見をも駆使して大胆予測!「生命」や「知性」の定義を根本から再考し、「われわれは宇宙で孤独か」「われわれは何者か」という究極の問いに挑む。

目次

はじめに 「緑の小人」は存在するか
第1章 利他行動の仮定―エイリアンは地球人に親切か
第2章 知能―エイリアンとコミュニケーションができるか
第3章 故郷―地球以外に住みやすい星はあるか
第4章 星間ツイッター―地球外からのメッセージは見つかるか
第5章 銀河帝国―エイリアンは宇宙に進出しているか
第6章 ふたつの時計―宇宙で文明はどれだけ続くか
第7章 地球からのメッセージ―エイリアンとのコンタクトは危険か
第8章 二一世紀のSETI―なぜエイリアンを探すのか

著者紹介

クーパー,キース (クーパー,キース)   Cooper,Keith
科学ジャーナリストおよび編集者。マンチェスター大学で天体物理学の学位を取得。専門は、天体物理学、宇宙論、宇宙生物学、地球外知的生命探査、惑星科学。2006年以降、イギリスの天文学専門誌『Astronomy Now』の編集者を務めている。2017‐19年にはオンライン科学誌『Astrobiology Magazine』の編集者も兼任
斉藤 隆央 (サイトウ タカオ)  
翻訳者。東京大学工学部工業化学科卒業。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)