• 本

大奥づとめ よろずおつとめ申し候

新潮文庫 な−107−1

出版社名 新潮社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-10-102881-1
4-10-102881-8
税込価格 693円
頁数・縦 334P 16cm

商品内容

要旨

上様の寵愛こそすべて、とは考えなかった女性たちがいた。大奥の多種多様な職場に勤めた「お清」の女中たち。努力と才覚で仕事に励む彼女たちにも、人知れず悩みはあって…。里に帰れぬ事情がある文書係の女、お洒落が苦手なのに衣装係になった女、大柄というだけで生き辛い女、負けるわけにはいかぬが口癖の女。今に通じる女性たちの姿をいきいきと描く斬新な江戸のお仕事小説。

出版社・メーカーコメント

上様の寵愛こそすべて、とは考えなかった女性たちがいた。御手つきとは違い、昼間の仕事に励んだ「お清」の女中たち。努力と才覚で働く彼女たちにも、人知れず悩みはあって……。里に帰れぬ事情がある文書係の女、お洒落が苦手なのに衣装係になった女、大柄というだけで生き辛い女、負けるわけにはいかぬが口癖の女。涙も口惜しさも強さに変えて、?剌と自分らしく生きた女たちを描く傑作。

著者紹介

永井 紗耶子 (ナガイ サヤコ)  
1977(昭和52)年神奈川県生れ。慶應義塾大学文学部卒。新聞記者を経て、フリーランスライターとなり、新聞、雑誌などで幅広く活躍。2010(平成22)年、『絡繰り心中』で小学館文庫小説賞を受賞し、デビュー。他の著書に、’20(令和2)年、細谷正充賞と、本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)