• 本

死神と弟子とかなり残念な小説家。

新潮文庫 え−25−4 nex

出版社名 新潮社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-10-180216-9
4-10-180216-5
税込価格 693円
頁数・縦 296P 16cm

商品内容

要旨

少年は、突然現れた黒ずくめの死神から、何故か見習いに採用された。ナナと名付けられ、「あの世」へ向かう契約書にサインをもらうため、死者の許へ―家族を待つ元音楽教師の老女や、バレリーナを夢見てレッスンに励む13歳の少女に胸打たれる。だが、過去の栄光に縋る中年小説家にはさすがに呆れ…。死を前にしても希望を抱く彼らに接したナナは、死神の任務を全うできるのか。

出版社・メーカーコメント

名前も帰る場所もない。では、弟子入り決定です! 少年は、突然現れた黒ずくめの死神から、何故か見習いに採用された。ナナと名付けられ、「あの世」へ向かう契約書にサインをもらうため、死者(クライアント)の許へ──家族を待つ元音楽教師の老女や、バレリーナを夢見てレッスンに励む13歳の少女に胸打たれる。だが、過去の栄光に縋る中年小説家にはさすがに呆れ……。死を前にしても希望を抱く彼らに接したナナは、死神の任務を全うできるのか。

著者紹介

榎田 ユウリ (エダ ユウリ)  
東京都出身。2000(平成12)年、『夏の塩』でデビュー。以来、榎田尤利名義で「魚住くん」シリーズをはじめとするボーイズラブ作品を多数発表。榎田ユウリ名義では、’07年より、「宮廷神官物語」シリーズなどを発表。多岐にわたり活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)