• 本

英文学教授が教えたがる名作の英語

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-16-391316-2
4-16-391316-5
税込価格 1,925円
頁数・縦 207P 21cm

商品内容

要旨

「本物の英語」の衝撃。これがあのガリヴァーですか。ロビンソン・クルーソーはこんな人でしたか。『高慢と偏見』の恋愛術がすごい。「黒猫」、キモチ悪い。百聞は一見にしかず。気になるあの名作に、なまの目で触れてみてください。

目次

第1章 ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』(1719)を読む
第2章 ジョナサン・スウィフト『ガリヴァー旅行記』(1726)を読む
第3章 ジェイン・オースティン『高慢と偏見』(1813)を読む
第4章 エドガー・アラン・ポオ「黒猫」(1843)を読む
第5章 F・スコット・フィッツジェラルド「リッチ・ボーイ」(1926)を読む
第6章 アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』(1952)を読む
第7章 村上春樹「シェエラザード」(2014)を読む

出版社・メーカーコメント

フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ポー、村上春樹――東大で教えられている英米文学から、英語を学ぶ!名作短編から、文法や英文読解を徹底学習。東京大学文学部教授による、英米文学講義。この一冊で「英語力」と「思考力」を養える。わかりやすい原文和訳併置と、充実した作品解説つき。海外文学で学ぶ、〈東大の教養〉。〈本書の概要〉1章:ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』(1719)2章:ジョナサン・スウィフト『ガリバー旅行記』(1726)3章:ジェーン・オースティン『高慢と偏見』(1813)4章:エドガー・アラン・ポー『黒猫』(1843)5章:フィツジェラルド『リッチ・ボーイ』(1926)6章:ヘミングウェイ『老人と海』7章:村上春樹「シェエラザード」『女のいない男たち』収録

著者紹介

阿部 公彦 (アベ マサヒコ)  
1966年生まれ。東京大学文学部教授。英米文学研究。文芸評論。著書に『文学を“凝視する”』(岩波書店、サントリー学芸賞受賞)ほか。翻訳もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)