• 本

浅草ばけもの甘味祓い 〔4〕

兼業陰陽師だけれど、鬼上司が記憶喪失に!?

小学館文庫 Cえ1−7 キャラブン!

出版社名 小学館
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-09-407018-7
4-09-407018-4
税込価格 693円
頁数・縦 287P 15cm
シリーズ名 浅草ばけもの甘味祓い

商品内容

要旨

昼は会社員、夜は陰陽師として浅草の町を守る永野遥香。会社の上司で正体は大鬼の長谷川係長と協力して怪異と対峙するうち、禁断の関係ながら互いに惹かれあうように。だが新入社員の桃谷が現れたことをきっかけに、遥香は前世の記憶を甦らせる。遥香と長谷川係長は、千年前に出会い、悲劇的な結末を迎えた姫君と鬼の生まれ変わりだった!?そしてある日、骨董市で見つけた水晶短剣が、長谷川係長から遥香との記憶を奪ってしまう!もう元の二人には戻れない―悲しみの中、遥香が選んだ道は?浅草を舞台に繰り広げられる、危険なラブコメディ第四弾。

出版社・メーカーコメント

長谷川係長が遥香に関する記憶を失ってしまった!? もう以前の二人には戻れない…遥香が選んだ道は? 浅草を舞台に繰り広げられる、兼業へっぽこ陰陽師と鬼(←ホンモノ)上司の禁断ラブコメディ、第四弾!

著者紹介

江本 マシメサ (エモト マシメサ)  
長崎県出身。2015年、『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)