• 本

子育てで眠れないあなたに 夜泣きドクターと睡眠専門ドクターが教える細切れ睡眠対策

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-04-680334-4
4-04-680334-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 207P 19cm

商品内容

要旨

ママが眠れないのは当たり前なのか?子どもの夜泣きはどうしようもないのか?…そんなはずありません!!医学的にわかっているちゃんとした対処法と最新の睡眠の知識をわかりやすくお伝えします。

目次

第1章 今、地獄にいるあなたへ(細切れ睡眠が続く地獄
「助けて!」と叫んでいいんです ほか)
第2章 赤ちゃんの寝かしつけ、基本のき(ママの夜勤は「救急外来」と心得て
夜泣きドクターの仕事とは ほか)
第3章 ママを「細切れ睡眠」から救え(「赤ちゃんと一緒に寝ればいい」は疑問
昼寝のベストタイミング ほか)
第4章 ママの細切れ睡眠はこんなにも危険(睡眠衛生について知ってみよう
睡眠衛生の知識が、あなたをこんな病気から守ります ほか)

出版社・メーカーコメント

「ママが眠れないのは当たり前」…なわけがない!「ママは眠れなくて当たり前」…それって本当に「当たり前」ですか?最も睡眠がおろそかにされている人、それは母親ではないでしょうか。「助けて!」と叫んでいいんです。ママと赤ちゃんを救う睡眠サバイバル術

著者紹介

森田 麻里子 (モリタ マリコ)  
夜泣きドクター。東京大学医学部卒、麻酔科医として働く。2017年に第一子を出産したものの、息子がなかなか寝てくれず途方に暮れる。睡眠不足で追い詰められるなか、夜泣きについての論文を読み漁って実践。その結果、何時間もかかっていた寝かしつけが3日で不要になる。その経験と知識を活かし、2018年より小児スリープコンサルタントとして活動を開始
伊田 瞳 (イダ ヒトミ)  
睡眠専門ドクター。昭和大学医学部を卒業後、同大学病院で呼吸器内科医・睡眠医療センターを併任。2017年長男の出産を機に、ママの「睡眠衛生」が劣悪な状況のまま放置されている現状に気づき、雑誌の監修やSNSでの発信を通して改善に取り組み始める。Twitterの言語解析を用いたママの睡眠衛生に関する研究も行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)