• 本

三時間の導線 下

ハヤカワ・ミステリ文庫 HM 439−12

出版社名 早川書房
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-15-182162-2
4-15-182162-7
税込価格 1,144円
頁数・縦 348P 16cm
シリーズ名 三時間の導線

商品内容

要旨

西アフリカ。現在は民間警備会社に所属している「その男」のもとに、グレーンス警部が来訪する。ストックホルムの奇怪な大量殺人事件の闇を暴くことは彼にしかできない。真相究明を託された男はまたも危険な組織の懐へと身を投じる。自らに課した使命を達成するまでの刻限は、たった三時間。その導線に今、火が点けられた!国際社会の難民問題に切りこみ、極限状況の駆け引きが真に迫る北欧ミステリ超大作。

著者紹介

ルースルンド,アンデシュ (ルースルンド,アンデシュ)   Roslund,Anders
スウェーデンの作家。1961年生まれ。ジャーナリストとしての活動を経て、作家ベリエ・ヘルストレムとの共著である『制裁』で2004年に推理作家デビュー。北欧ミステリの最高峰である「ガラスの鍵」賞を受賞した。『三秒間の死角』(2009年)で英国推理作家協会(CWA)賞を受賞したほか、日本では『熊と踊れ』(2014年、ステファン・トゥンベリとの共著)で『このミステリーがすごい!』、「ミステリが読みたい!」などの年間ミステリランキング一位を獲得し、国際的に高い評価を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)