• 本

神々の子孫 「新撰姓氏録」から解き明かす日本人の血脈

出版社名 方丈社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-908925-77-1
4-908925-77-1
税込価格 2,970円
頁数・縦 317P 20cm

商品内容

要旨

古代日本の政治・文化を担った有力氏族、1182氏を列挙した『新撰姓氏録』。そこから浮かび上がる「古代日本人」の実相とは?飛鳥から平安にかけて成熟した日本文化の原動力を解き明かし、「日本人の成り立ち」に肉薄する意欲作!

目次

第1章 神の裔―大和人の証しは神の血脈か(「八色の姓」が明示するヤマトの支配層
皇別は特別枠か ほか)
第2章 海人族の渡来―波の彼方からやってきた神社信仰(海人族、ヤマトへ
海部国造と「十種神宝」 ほか)
第3章 祭祀氏族の台頭―蘇我・物部から中臣へ(社家の氏族
蘇我氏の「氏神」 ほか)
第4章 国体の本義―天皇号の発明と国家の開闢(崇神VS崇仏
物部守屋の慰霊鎮魂 ほか)
第5章 姫氏の血脈―皇室の苗字はなぜ消されたか(「史」によって編纂された国史
失われた歴史書 ほか)

出版社・メーカーコメント

『新撰姓氏録』には現在もよく目にする苗字が少なくない。所載姓氏1182氏のうち、その約3割は渡来系であり、当時の日本は現代以上に国際的であったと言ってよい。となると、民族的均一性が高いと言われる日本人の特性は後天的に獲得されたものとも考えられはしないだろうか。奇跡の書『新撰姓氏録』から「日本人の成り立ち」に迫った意欲作。

著者紹介

戸矢 学 (トヤ マナブ)  
1953年、埼玉県生まれ。國學院大学文学部神道学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)