• 本

瓶のなかの旅 酒と煙草エッセイ傑作選

河出文庫 か39−2

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-309-41813-1
4-309-41813-9
税込価格 979円
頁数・縦 285P 15cm

商品内容

要旨

戦後の少年時代に覚えたバクダンとシケモク、ベトナムの戦場で口に含んだウイスキー、中国で出会った珍酒奇酒…。酒瓶のなかに訪れた国々の文化や人々の営みを透察し、時に自分の姿をあぶり出す。酒食随筆の名手・開高健の文章は、今なお新しく深く、おいしく、かなしい。愛してやまない酒と煙草のエッセイ傑作選。

目次

1 瓶のなかの旅
2 パイプと旅
3 書斎のダンヒル、戦場のジッポ
4 夜ふけの歌
5 煙る忍耐
6 洋酒天国

出版社・メーカーコメント

世界中を歩き、酒場で煙草を片手に飲み明かす。随筆の名手の、深く、おいしく、時にかなしい極上エッセイを厳選。「瓶のなかの旅」「書斎のダンヒル、戦場のジッポ」など酒と煙草エッセイ傑作選。

著者紹介

開高 健 (カイコウ タケシ)  
1930年大阪府生まれ。大阪市立大を卒業後、壽屋(現・サントリー)宣伝部で活躍しながら執筆活動を開始する。58年「裸の王様」で芥川賞受賞。代表作に長編小説『輝ける闇』(毎日出版文化賞)など。ベトナムの戦場や中国、東欧など世界各地を訪ねてルポ、行動する作家として知られた。89年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)