• 本

財務会計論 1

第14版

基本論点編

スタンダードテキスト

出版社名 中央経済社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-502-38961-0
4-502-38961-7
税込価格 5,280円
頁数・縦 505P 21cm
シリーズ名 財務会計論

商品内容

要旨

会計基準等の解説だけでなくその基礎にある考え方を明らかにすることに重点を置いています。すなわち、「論点整理」が明解です。また設例、仕訳を示し、理解しやすく解説しています。会計法規との有機的関連を図っています。文中に出てきた内容がどの基準のどこに記されているか等を明記して、確認しやすいようにしています。“基本論点編”では、基礎概念から個別財務諸表の基本項目を詳述しています。第14版では、見積り開示基準の新設や会計方針開示基準の改正およびその他の制度改正をフォローしています。公認会計士試験「財務会計論」、税理士試験「簿記論」、「財務諸表論」の対策に最適の基本書。

目次

財務会計の基礎概念(1)
財務会計の基礎概念(2)―概念フレームワーク
複式簿記の基本原理―記帳原理
企業会計制度と会計基準
資産会計総論
流動資産
棚卸資産
固定資産(1)
固定資産(2)
繰延資産
負債
純資産
収益と費用
財務諸表
キャッシュ・フロー
本支店会計

著者紹介

佐藤 信彦 (サトウ ノブヒコ)  
熊本学園大学大学院会計専門職研究科教授・研究科長。1982年明治大学商学部卒業。明治大学大学院商学研究科博士後期課程退学。公認会計士試験委員(2006〜2010年1月)、税理士試験委員(2011〜2013年)を歴任。現在、日本簿記学会会長、税務会計研究学会副会長、日本会計教育学会副会長、日本会計研究学会理事、日本学術会議連携会員など
河〓世界 照行 (カワサキ テルユキ)  
甲南大学名誉教授。博士(経営学)神戸大学。1973年大分大学経済学部卒業。神戸大学大学院経営学研究科博士課程退学。税理士試験委員(1998〜2001年)、公認会計士試験委員(2006〜2008年)、金融庁企業会計審議会臨時委員などを歴任。現在、中小企業会計学会会長、税務会計研究学会理事、公益財団法人・租税資料館代表理事など
齋藤 真哉 (サイトウ シンヤ)  
横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授。1982年関西学院大学商学部卒業。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得後退学。公認会計士試験委員(2006〜2007年)、税理士試験委員(2014〜2016年)を歴任。現在、公益財団法人財務会計基準機構・理事、同機構・委員推薦・評価委員会委員長、日本学術会議連携会員、日本会計研究学会評議員、税務会計研究学会副会長、非営利法人研究学会会長など
柴 健次 (シバ ケンジ)  
関西大学大学院会計研究科教授。博士(商学)関西大学。1982年神戸商科大学大学院経営学研究科博士後期課程退学、大阪府立大学経済学部助手着任。同教授、関西大学商学部教授を経て、2006年4月より現職。税理士試験委員(2003〜2005年)、公認会計士試験委員(2006〜2008年)等を歴任。現在、政府会計学会顧問、日本会計教育学会顧問、日本会計研究学会評議員など
高須 教夫 (タカス ノリオ)  
大阪学院大学商学部教授・兵庫県立大学名誉教授。博士(経営学)神戸大学。1975年神戸大学経営学部卒業。神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程退学。公認会計士試験委員(2006〜2008年)、税理士試験委員(2012〜2014年)を歴任
松本 敏史 (マツモト タカフミ)  
早稲田大学大学院会計研究科教授。1976年同志社大学商学部卒業。同志社大学大学院商学研究科博士課程後期中退。同志社大学商学部教授を経て、2013年4月より現職。現在、日本会計教育学会会長など。税理士試験委員(2006〜2008年)、公認会計士試験委員(2010〜2015年)を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)