• 本

究極の俳句

中公選書 118

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-12-110118-1
4-12-110118-9
税込価格 1,760円
頁数・縦 206P 20cm

商品内容

要旨

俳句では、たった十七音しか使えない。だから俳人は劇薬を扱う化学者の注意深さでもって、言葉の一つ一つを吟味し、どう組み合わせれば最大の効果を与えるかを戦略的に思考する。俳人とは疑りぶかい言葉の化学者なのである―。俳諧を芸術へと高めた芭蕉以降の数々の名句を味わいながら、その根底にはつねに、常識への批評精神にもとづく新しい価値の創造があったことを明らかにする。俳壇の気鋭による創見に満ちた俳句論。

目次

序章 言葉は信じられない
第1章 季語を疑う
第2章 常識を疑う
第3章 俳句は重い文芸である
第4章 重みのある句とは―その題材
第5章 重みのある句とは―その文体
終章 俳句は時代を超えられるだろうか

出版社・メーカーコメント

俳句では、たった十七音しか使えない。だから俳人は劇薬を扱う化学者の注意深さでもって、言葉の一つ一つを吟味し、どう組み合わせれば最大の効果を与えるかを戦略的に思考する。俳人とは疑りぶかい言葉の化学者なのである――。俳諧を芸術へと高めた芭蕉以降の数々の名句を味わいながら、その根底にはつねに、常識への批評精神にもとづく新しい価値の創造があったことを明らかにする。俳壇の気鋭による創見に満ちた俳句論。

著者紹介

〓柳 克弘 (タカヤナギ カツヒロ)  
1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学教育学研究科博士前期課程修了。専門は芭蕉の発句表現。俳句実作は藤田湘子に師事。2004年、第19回俳句研究賞受賞。現在、俳句結社「鷹」編集長。読売新聞朝刊「KODOMO俳句」選者。早稲田大学講師。句集に『未踏』(第1回田中裕明賞)、評論集に『凛然たる青春』(第22回俳人協会評論新人賞)など。2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)